ストレスにも応急処置が必要

現代社会では多様なストレスにさらされるため、メンタルヘルスの管理が重要ということは常識です。一方で、カウンセラーや医師などの専門家に全てのストレスをケアしてもらうわけにはいきませんので、セルフケアが必要になってきます。

そのセルフケアの方法として、例えば「自分が好きなことをする」「小旅行やハイキングをする」「人と話す」「笑う」などが良いとされています。ストレスを感じた場合は、可能な限り早急な対処を行えば心身への影響を軽減させることができますが、勤務中で仕事以外の行動をしづらい場合は、抱えたストレスを持ち続けなければなりません。

さらに、終業後にストレス発散の時間があれば良いですが、残業残業で結局職場と家の行き帰りをするのみであった場合は、休みの日までストレスを抱え続けなければなりません。ここで重要になるのが、メンタルヘルスの本格的なセルフケアのための時間が割けるまでの間に、可能な限りストレスを軽減させる「ストレスの応急処置」です。

ストレスとは、自分の思惑通りにいかなかった場合に感じる精神的な負荷のことです。つまり、「失敗」と感じることで惹き起こされる情動なので、その失敗を「成功」に転換することができればストレスを大幅に軽減させることができます。「こうすれば失敗することがわかった」「ここで手を引くことができて時間を無駄にしなくて済んだ」など、心の置き方を少し変えるだけでストレスは激減するはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です