SEの工夫あるメンタルヘルスケア

仕事に従事するビジネスマンは、仕事の能力の一つとして、自身の管理能力を持たなければなりません。セルフケア能力は重要な能力の一つであり、その能力があれば長く仕事を続けることができます。特に忙しい激務が続く仕事であるほど、自己管理の高い能力が求められます。

情報技術業界で言えば、システムエンジニアは、精神面での高いセルフケアの能力が必要な仕事です。スケジュールが立て込んでくると、十分な休息を摂る時間が確保できません。その中でも、肉体や精神の疲れをとる必要があります。

システムエンジニアとして、激務でもうまく仕事をこなしている人物は、メンタルヘルスのケアに高度なスキルを持っています。たとえ短時間であっても、リラックスできるプライベートの時間や空間を確保するテクニックを熟知しています。アロマで香りを楽しんだり、あるいは簡単な運動をするなどの工夫があります。

システムエンジニアとして働いている人の中で、うまくメンタルヘルスのケアができない人は、そつなく仕事をこなしているシステムエンジニアのセルフケア方法を参考にすることが役立ちます。ちょっとしたコツであっても、それを実践するかどうかで、激務を乗り越えられるかに違いが生じます。ただし、人それぞれにあった癒しのテクニックがある事から、他者の真似をしたからといって同様の効果が表れるとは限りません。自分なりの短期間でのリラックス方法を開発する事も重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です